ホワイトニングって歯にどんな効果を期待できるの?

 

白い歯にするための新しい方法として最近注目の的となっているホワイトニング。
ホワイトニングで歯を白くできる!というのはもはや有名なお話ですが、
具体的にどんな効果が期待できるのか、まだご存知ないという方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、ホワイトニングが歯に対して、
どのようなはたらきをもたらしてくれるのかを少し詳しくお話していきたいと思います。

ホワイトニングで歯にどんなはたらきが期待できるのか?

ホワイトニングで使用される、ホワイトニング剤。
これの主成分となっているものが何なのかをご存知ですか?答えは、過酸化水素です。
そしてこの過酸化水素こそ、ホワイトニングで素敵なはたらきを発揮してくれるものと言われています。

 

ホワイトニングでは歯の表面にホワイトニング剤を塗布しますね。
この時、ホワイトニング剤の中に含まれた過酸化水素の分解が起こり、水と酸素になります。
そしてこの分解反応が起きている時に生まれた酸素は、歯に染み付いた色素と結びついてくれるため、
頑固な色素を除去していける仕組みとなっているのです。

 

このような過酸化水素の化学反応が、うまくホワイトニングとして機能してくれるというわけですね。

 

ホワイトニングによる効果はどんな場合に期待できるのか?

基本的にホワイトニングは歯を白くしてくれる方法とされていますが、
必ず誰にも有効というわけではないため、注意してください。

 

例えば、変色している歯が人工のものである場合は当然効果を期待することはできませんし、
変色した理由が抗生物質である場合も難しいと言われています。

 

あくまで、喫煙による変色や食べ物・飲み物での変色、加齢による変色等が対象となっています。
その点を意識して、ホワイトニングを受けるようにしてくださいね。