ホワイトニングで歯に副作用があったりしないの?

 

白くて綺麗な歯を維持できるとして人気のあるホワイトニング。
歯を削ることがなくて安全であるという特徴が評価されていますが、
やはり副作用などが気になってくるのではないでしょうか?

 

そこで、ホワイトニングを行うことで起こりうる副作用について、ここでお話しておきましょう。

やりすぎは知覚過敏のもとになるので注意!

特に自宅で自分で取り組むことができるホワイトニング方法の場合、
必要以上にやりすぎるのは知覚過敏に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

 

「早く歯を白くしたい…」と、そんな思いからついつい神経質になってしまう人は少なくありません。
それゆえに本来の規定回数以上にケアをしたり、歯磨きをするときに力が入りすぎてしまい、
その結果知覚過敏を起こしてしまうこともあるようです。

 

知覚過敏になると、冷たいアイスや飲み物、熱い飲み物などを
飲む時などに歯がしみてしまい、とても困ることになります。

 

副作用を防ぐにはどんなことに気をつけるべき?

せっかくホワイトニングで白い歯を手に入れたとしても、
今度は副作用に悩まされてしまう…というのでは、元も子もありません。
そこで、ホワイトニングをする場合は副作用を起こさないように十分気をつけるようにするとよいでしょう。

 

特に自宅でホワイトニングに取り組む場合には、必ず規定数を守るようにしつつ、
歯磨きで力を入れすぎたりしないように心がけていくことが必要です。

 

決められた方法や回数を守って続けていくことで、副作用のリスクを減らしながら
ホワイトニングをしていくことが出来るはずですよ。