こんな人は注意!歯のホワイトニングが合わないケース

 

綺麗な白い歯にするための施術を行うホワイトニングは、
特に難しい治療をしたりするわけではないため、誰でも気軽に受けられる施術として知られています。

 

しかし、実はホワイトニングをするのに適していない人も存在していると言われているので注意が必要です。
ホワイトニングを受ける場合は、自分が受けられる状態であるのかどうかを確認するようにしましょう。
そして、万が一受けられない場合は無理して受けたりすることのないように心がけてください。

ホワイトニングが適さないのはどんな場合なのか?

まず、虫歯など歯の病気の治療が済んでいない場合、
ホワイトニングはあまりおすすめできるものではありません。
ホワイトニングで使用される薬剤は、健康な歯に塗布する分には何ら問題ないといいます。

 

しかし、虫歯などの病気を患った歯の場合は、その症状を悪化させてしまう原因にもなりかねないといいます。
また、妊娠中であったりする場合も、極力ホワイトニングは避けましょう。

 

薬剤が無害とは言え、妊娠中というのは体がデリケートになっている期間です。
思いがけないトラブルを避けるためにも、避けておくのが無難と言えます。

 

人工の歯の着色は分解できない

ホワイトニングで歯を白くするというのは、あくまで生きている歯に限られています。
そのため、人工の歯である場合は意味がなくなってしまうので、気をつけましょう。

 

もちろん、人工の歯でなければ大丈夫ですので、人工の歯ではない部分のホワイトニングを行うことはできます。
しかし、そうなると今度は人工の歯と生きている歯の色が違ってしまい、
不自然になってしまうこともありますから、注意してくださいね。