歯を削らずに白くできる!?それがホワイトニングの魅力

 

まだまだ技術がそこまで進んでいなかった一昔前。
その頃に行われていた歯を白くする方法といえば、人工のかぶせものに頼ったり、
歯を削るなどといったものであったため、抵抗を感じる人も少なくありませんでした。

 

しかし現代ではすっかり技術が進歩し、ホワイトニングと呼ばれる新しい方法が主流となっています。

 

ホワイトニングが誕生したのはアメリカ

歯を白くする新しい技術であるホワイトニング。初めて実用化されたのはアメリカだと言われています。
以来、アメリカではどんどん取り入れられていき、今では当たり前のように歯科で取り扱われているものとなりました。

 

ちなみに余談ですが、アメリカでは実用化された当初、名称がホワイトニングではなくブリーチングだったのだそう。
しかしこれでは、漂白剤を彷彿とさせてしまいイメージダウンしてしまう…ということで、
ホワイトニングと呼ばれるようになってきているようです。

 

ホワイトニングとは、そもそもどんな仕組みになっているの?

「歯を削ったりしないのに、どうしてホワイトニングは歯を白くできるの?」という疑問を抱いている人も多いでしょう。
入念に歯磨きをしても落とすことができない歯の黄ばみなどを落とすことができると評判のホワイトニングですが、
本当に歯を削らなくても良いのか気になってしまうところ。

 

では、ホワイトニングの具体的な仕組みはどうなっているのでしょうか。
ホワイトニングを行うと、黄ばんだりして落なくなってしまった歯の色素が分解されます。
つまり、色素そのものを分解するため、歯を削る必要も何かを被せる必要もないというわけなのです。
その結果、歯の明るさがアップして、白く光る歯を実現できるのです。

 

こうしたホワイトニングがメジャーになりつつある近年。
自分の歯を白く保つために、積極的にホワイトニングを行う人も多くなってきています。
白い歯こそ、いつまでも健康な歯を維持するためのポイント。
あなたも今から、ホワイトニングに取り組んでキラッと光る白い歯を維持していきませんか?